良い風俗と悪い風俗の違い

風俗には感謝ですね

風俗には感謝の気持ちが強いんですよ。なぜなら、きっと風俗がなかったら自分だけで女の子とああいったプレイを楽しむのは難しかったと思うんですよね。イケメンとかなら良かったんでしょうけど、残念ながら自分はそうではないんです。だから結局の所、なかなか女性経験を積めないままでいたんですよね。でも風俗のおかげでそんなことをあれこれ考えることもなく、女の子との時間を楽しめるようになったんです。だからこそ、そこには感謝の気持ちしかないんですよ。自分でも楽しめるし、それにいつでも楽しめるのも嬉しい点ですよね。忙しければ無理して利用する必要はないですし、逆に暇な時にはいつでも利用出来るんです。特に最近ではデリヘルのおかげで本当に融通が良くなりましたしね。スマートフォンさえあればいつでもどこででも風俗を楽しむことが出来ちゃうんです。それって実際の所、相当便利だなって思うので、やっぱり感謝の気持ちが大きいかなって。

プラスアルファで楽しめるのも風俗

気持ち良くさせてもらえるからこそ風俗は男に取って楽しめるものだと思うんですけど、風俗ってそれだけじゃないんですよね。気持ち良さが一番だとは思いますけどね。、それだけではないのも事実なんですよね。むしろマニアになってくると、むしろプラルアルファでいろいろと楽しめることを目的にしている人だっているんじゃないかなって思うんですよね。でも、それはそれで悪い事じゃないんです。むしろそのプラスアルファが、いわば風俗のカギを握っていると言っても決して過言ではないと思うんですよね。自分が求めているのは快感はもちろんですけど、プラルアルファとして癒しも求めているんですよね。癒し系というか、快感だけじゃなく、癒されたいって気持ちもあるんです。それを満たしてくれるからこそ、風俗にはつい利用したいって気持ちになってしまうんですけど、利用すれば楽しめるからこそ、そういった気持ちになりやすいのもあるので、それもまた、魅力ですよね。