良い風俗と悪い風俗の違い

舞台が整ったからこそ

風俗は舞台が整ったら行くようにしてます。まぁちょっと大げさに言ってしまいましたけど、要約すれば利用してもリスクがない時ですかね(笑)まず、妻が仕事で残業する時。まだ子供はいないので、どちらかが残業の時には外食でっていう不文律があるんです。まぁ自炊しても良いんですけど、自分は料理は作れませんしね。そうなると、それなりに帰宅が遅れても良いってことじゃないですか(笑)残業ではないのに残業とは言えない…というか、割と会社が近いので、そこら辺はバレるリスクが高いんです。だから妻が残業で、さらにはお給料日から近いのでまだまだ財布の中に余裕がある時にって思っているんです。そして休前日。これらがすべて揃った時、それは風俗を利用する何よりのチャンスというよりも、そこで利用しなければ次はいつやってくるのか分からないので、このタイミングが揃っている時には躊躇せずに風俗店に突撃したりデリヘルに電話するよう心掛けています(笑)

コストパフォーマンス重視の風俗生活

コストパフォーマンスは常に考えています。払ったお金以上の満足を得たい。それは誰もが考えることだと思うんですよね。風俗でもそうです。風俗の料金はある程度の相場がありますけど、相場の範囲ではあっても高いのか安いのかで判断が分かれるケースもあれば、料金的には安いと思っても女の子のパフォーマンスを考えると、コストパフォーマンスの考え方も変わってきますよね。こうした細かいことを考えながら風俗を楽しんでいますけど、コストパフォーマンスが高いなと思うのは性感マッサージなんですよ。あれはコストパフォーマンスが相当高いですね。自分がマゾで相手の女の子からの攻撃を受けるのが大好きだという事情もあるとは思いますけど、それを差し引いてもコストパフォーマンスは相当高いんじゃないかなって思いますね。性感マッサージは満足感も高いんです。しかも、それだけじゃないんです。性感マッサージもまた、選択肢が多いので自分好みの子を選べますしね。