良い風俗と悪い風俗の違い

風俗にはいろんなことが待っている

風俗はいろんなことが待っていると思うんですよね。それを選ぶ楽しさが待っているのも風俗の良さだと思うんですよね。でも、じゃあ毎回違う形で楽しまなければならないのかっていうとそれも違うじゃないですか。風俗は本当の意味で自分の好きなように楽しめるものなんです。誰かから強制されるようなものでもないですし、かといって自分を縛るものでもなく、自分の好きなように楽しめるからこそ、風俗は男のロマンそのものと言っても決して大げさではないものなのかなって思うんですよね。だから自分もこれだけ風俗が長続きしているのかなって思うんです。誰かにあれこれ言われたり、何をどうしろとか支持されるようなものだったら、はっきり言って途中で飽きたり、あるいはもういいかなって気持ちになってしまっていたと思うんですよね。でも一度もそういったことにならずに、毎回のように楽しい気持ちでいられることこそが、風俗の持つ可能性なんじゃないかなって。

見た目で判断出来ないのが今の風俗

一昔前の風俗であれば、どんな風俗嬢なのかは見た目である程度判断出来たと思うんですよね。経験豊富な風俗嬢は、それなりに遊んでいるであろうなと思うような外見だったと思うんですけど、最近ではそうじゃないんです。見た目はお嬢様っぽくても、実は遊んでいる子とかめずらしくないですしね。だからこそ、どんな女の子なのかは実際に指名してみないと分からない部分なんじゃないかなって。この前の女の子もそうでした。彼女、見た目だけで判断するならお嬢様と言うか、それこそ処女だって言われても納得してしまうような雰囲気もありました。でも彼女、プレイに関しては処女じゃないって数秒で分かるくらい積極的に仕掛けてくるし上手だしで、ギャップまで楽しめちゃいましたね(笑)でも、こういったタイプの女の子ってきっと彼女だけじゃないと思うんですよね。だからこそ、今の時代の風俗は女の子を選ぶ楽しさがあってスリリングだなって思うんですよね(笑)