良い風俗と悪い風俗の違い

徹底的なチェックが身上

風俗は必ず徹底的にチェックして、自分が納得出来る風俗嬢を見つけた時に楽しむようにしているんです。だから、毎月一度とかって決まっているのではなく、納得出来る風俗嬢を見つけたら楽しむようにしています。ホームページを見るじゃないですか。お店の料金や在籍している女の子を見れます。でもそれだけじゃないんです。ホームページの質そのものが、風俗店の質と言っても良いと思うんですよね。自分の経験談ですけど、しっかりとホームページを作っている風俗店は女の子のレベルやお店の対応も行き届いていて、失敗したなとか、これはイマイチだなとか思ったことはないんですよ。だからホームページはまずは確認するって点も含めてみていますし、ホームページだけじゃなくポータルサイトや口コミ、それにSNSなども見ていますね。特に女の子側からの発信ツールでもある写メ日記は、女の子のいろいろな意味での「本質」をチェック出来るのでお勧めなんですよね。

価値観が変わるほどの衝撃かな

真面目って訳じゃないんですけど、それまで風俗には縁のない生活をしていました。興味がないとは言いませんけど、どこかで利用者のことを馬鹿にしていた部分があったのも事実です。「モテない男が行く場所」みたいな。でもそれは完全に誤解でしたね。モテるとかモテないとか、そもそもその価値観が風俗の中では無用だなって。風俗には男のロマンが詰まっていると言っても決して過言ではないんです。自分がどういったことを楽しみたいのか。そして、それを叶えてくれる場所だと思うんですよね。むしろそれ以外に何もないというか、その点をしっかりと楽しめるのが風俗の良さだったんです。それこそパートナーがいても風俗では違った楽しさが待っているんじゃないですかね。そう思ったら、なんでこれまで自分はそこまで意固地とうか、狭い視野で風俗のことを見ていたんだろうなって気持ちになってしまいましたからね。だから風俗はとっても奥深い世界だなって思いましたよ。